家や不動産ロゴ

株式会社家や不動産 上野本店

〒110-0015

東京都台東区東上野3丁目12番3号​

​​​​【定休日】日曜日・祝日・GW・夏季・年末年始 

【営業時間】9:30~18:30

お問い合わせ、お待ちしております!

03-5844-6515

  • ツイッター 家や不動産リンク

不動産を購入する流れ

1.希望条件、予算を決める

​住みたい地域、戸建かマンション、広さ、間取り、入居したい時期などの希望条件をまとめておきましょう。条件が多いと物件が絞られすぎてしまうため、条件にハマる物件が出るまで待っていると1年2年経っても見つからないことがあります。まずは絶対にはずせない条件を3つほど決めて探してみましょう。同時に預貯金額や住宅ローンの借入可能額などを確認して、予算の目安を立ててみましょう。家や不動産に問い合わせればどの程度借入できるのかお答えします。そもそも借入が難しい方もいらっしゃいますのでまずは家や不動産に問い合わせてみましょう。

2.住まいを探す

不動産会社に希望条件や予算を伝えて物件を紹介してもらうか、インターネットや不動産広告から物件情報を集めてみましょう。

3.資金計画を立てる

​物件探しと並行して、資金計画を具体化させていきましょう。物件の購入資金以外に必要となる諸経費や、住宅ローンの金利、毎月の返済額などについても試算しておきます。この時に住宅ローンの事前審査をしておけば、自分がどれくらい借りれてどの物件を買えるのかの目安になるだけでなく、売主への交渉材料にもなります。全額をキャッシュで支払う場合は問題ありません。

4.物件を見学する

​気になった物件が見つかったら、家や不動産に物件を見たい旨を伝えて手配してもらい、実際に現地を見学します。いくつか物件を見ることによって見る目が養われ、相場観や広さの感覚、街の雰囲気などが分かるようになります。分からないことがあればその場で営業マンに聞いてみましょう。いくつか見て、これだと決めた物件が見つかったら、急いで購入申し込みを入れましょう。あなたが気に入った物件は他の人も気に入っている可能性があります。検討中に決まってしまうこともありますので決断はお早めに。

5.重要事項説明を受ける

​購入申し込みをしたら、売買契約に先立ち、家や不動産の宅地建物取引士から購入物件に関する重要事項の説明を受けます。重要事項説明はいつ受けても構いませんが、一般的には売買契約を結ぶ直前に行うことが多いです。当日に渡されて説明されても専門用語ばかりで分からないことが多いので事前に書面を準備してもらい、目を通しておくと良いでしょう。

6.不動産の売買契約書を結ぶ

​重要事項説明の内容を確認して納得できたら、売り主と売買契約を結びます。契約時に必要なものは以下になります。
・手付金(売買価格の5%~10%)・実印 ・印紙代 ・仲介手数料の半金 

・本人確認ができる書類(運転免許証など)

7.住宅ローンを契約する

​売買契約を結んだら、住宅ローンの正式な契約を結びます。契約前に金融機関と保証会社による審査を受け、融資が承認される必要があります。ローン申し込み時に必要なものは以下になります。(※金融機関によって異なります)
・実印 ・印鑑証明書(発行後3カ月以内のもの) 

・住民票 ・収入確認資料(給与明細書、源泉徴収票、課税証明書、住民税決定通知書 等) 

・売買契約書 ・登記簿謄本

8.残金決済と引き渡し

残代金決済時には、売買価格から手付金を差引いた残金と仲介手数料や登記費用等の諸経費を準備します。住宅ローンを組んだ場合は、当日融資の実行をする為、住宅ローンの申込を行った金融機関で行うことが一般的です。名義変更の登記手続きは一般的に司法書士に委託して行います。売主に残代金、保険会社に火災保険料、司法書士に登記費用、不動産仲介会社に仲介手数料残金を支払います。同時に不動産の引き渡し、鍵などの受領が行われます。残代金決済時に必要なものは以下になります。
・残代金 ・実印 ・住民票 ・本人確認ができる書類(運転免許所など) 

・固定資産税、都市計画税の清算金 

・管理費、修繕積立金等の清算金(マンションの場合) 

・火災保険料 ・登記費用 ・仲介手数料残金 

・印鑑証明書 ・ローン保証料、ローン事務手数料